印象をよくするために|例文を参考にして志望動機を考える【相手へしっかりと伝える】

入室で気をつけたいこと

面接を受ける時は態度に気をつけなければいけません。返事がないことやドアの開け閉めが乱暴だと面接官に対して良い印象を与えることができないため、そうならないようにしましょう。ここでは、良い印象を与えるための入室までの流れを紹介しているので是非参考にしてください。

面接時の入室に関して

返事をしっかりとする

まず自分の番がくるまでは、待合室で待つ状態です。自分の番が回ってきたら名前が呼ばれるので、名前を呼ばれたら大きな声で「はい」と返事をしましょう。

ドアに入る時の動作

ドアの前に立ち2回ノックをしましょう。そして「どうぞ」といわれるまで待ちます。どうぞといわれた後は中に入りましょう。

部屋に入る時の動作

「どうぞ」といわれ、部屋に入ったら、ドアを丁寧にしめましょう。両手でドアノブを持ち、ゆっくりドアをしめて面接官の元へ向かいます。この際に片手でドアを締めないように注意しましょう。

座る前の動作

ドアを締めた後は椅子が用意されているので、椅子の横にまで進みます。椅子の横に到着したら、まず、面接官に向かいお辞儀をしましょう。この際にすぐに座らないように気をつけてください。

挨拶をする

お辞儀が終えたら、ハキハキと自己紹介をしてください。自分がどこの高校から来たのか分かるように自己紹介しましょう。最後に「よろしくお願いします」と一言添えて「どうぞお座りください」といわれるまで待機です。座る際は失礼しますといい座りましょう。

印象をよくするために

婦人

印象が大切

面接では相手に与える最初の印象が重要になってきます。面接中の話の内容も重要なポイントですが、始まりと終わりはきっちりしていなければいけません。最初、入室する際にドアの扱いが乱暴なだけでも相手に良くない印象が残ってしまいます。志望動機や質問に関して解答を用意しておくことで自分の自信へと繋がります。それが自分を自信に満ち溢れた態度へと変えてくれるでしょう。ちなみに、面接で使える例文はネット上に多く存在しています。何か参考になるものを探している人は例文を参考にしてみましょう。

始めと終わり

面接では相手に与える印象が重要になります。特に始めと終わりの印象は良いものにしなくてはいけません。理由は、人は始めと終わりの記憶が残りやすいことにあります。ですから、この始めと終わりは印象にも残りやすいのです。また、その間も重要です。といってもなんだかんだ一番良いのは、最後まで良い印象を与え続けることなので、それができるように入念に準備をしておきましょう。

広告募集中