面接をする機会は意外と多い|例文を参考にして志望動機を考える【相手へしっかりと伝える】

面接をする機会は意外と多い

履歴書

大人になっても面接をする機会は多い

面接は緊張するため、何度もやりたいと思うものではありません。しかし、大人になって転職や一時的に仕事を辞めバイトを始めるという時には、面接をしなければいけないのです。大人になっても意外と面接をする機会は多いといえます。

今で慣れておく

大学へ受験する際に面接をしますが、この段階で面接に慣れておくと良いでしょう。そうすることで就職活動の際に行われる面接も上手くできます。就職の面接は初めてだとすごく緊張しますが、相手が優しそうな人であればそこまで緊張もしません。

志望動機の考え方

大学の受験で面接をする際に志望動機が聞かれます。この志望動機を考えるのは結構苦労するのです。ですから、簡単にそして今までよりも良く仕上げるためにシンプルに考えるようにしましょう。一番簡単名の方法が例文を見て方を覚えることです。例文には様々なパターンのものがあります。それにそって志望動機を考えるのです。

型を簡単に捉える

例文には型があります。それは様々な切り口から考え出された話の見せ方ともいえるでしょう。自分の志望動機がある程度決まっているのであれば、後は例文にある型を見極めてそれに合わせて文章を組み替えていきます。例文にある型は複数のパターン、例文を見ていれば自然と見えてくるものです。ですからまず、最初は型を捉えるために沢山の例文を見ましょう。

広告募集中