志望動機に説得力を持たせるために|例文を参考にして志望動機を考える【相手へしっかりと伝える】

志望動機に説得力を持たせるために

文房具

仕事で使う時の例文も参考にできる

「前職でパソコンを使った仕事をしていました。しかし、パソコンに関するスキルを高められるような業務内容ではなかったため、退職を決意。自分の経験や知識をより高めたいという強い思いからこの度志望するまでに至りました。ここではプログラミングの仕事ができるので、専門性の高い知識を得られるだけでなく、新しい経験もできるため今後努力して働いていきたいと考えています。」というような例文があります。大学の面接で話す内容もこのような内容を例文として考えることができます。このような例文と、自分が考える例文を照らし合わせれば志望動機も考えやすくなることでしょう。ちなみに、上記で紹介した例文はスキルアップを目的とした例文です。

夢を追い求めるパターン

自分が将来描いている夢があるのであれば、その夢を叶えるために必要であることを強調するのも志望動機として説得力があります。この大学で学び卒業した先に自分の夢へと繋がる道があるというような内容も志望動機として問題ありません。もし夢がある人は志望動機に夢を語るのも良いでしょう。

憧れた大学

幼少期から憧れた大学であるという内容も志望動機としては問題ありません。自分が尊敬する親戚や兄弟、親がこの大学で勉強し卒業したという設定で、自分もこの大学へ入って卒業したいというような話をしましょう。他にもパターンがあれば積極的に活用していきましょう。

広告募集中