大学を選ぶのは人それぞれ理由がある

レディ

志望動機を考えるのは難しい

志望動機を考えるのは以外と難しいものです。文字数自体はそこまで多くはないものの、それを考えるまでにかなりの時間を要します。志望動機を考える時に難しいといえる部分としては、内容が適切かどうかが挙げられます。

適切かどうかを考える

自分が受ける大学への志望動機と相手へ伝える文章として適切かどうかということを考えるのは難しいため、例文を参考にして書くようにすることをおすすめします。

面接に関係する記事一覧

ウーマン

質問される理由についても知ろう

面接を受ける際に、どのような質問を投げかけられるか予測できないため、それが不安と変わります。不安な気持ち面接を受けることに問題はないのですが、問いかけに答えられないのは問題です。ですから、あらかじめくるであろう質問を予測しておき、解答を用意しておきましょう。

READ MORE
文房具

志望動機に説得力を持たせるために

自分の志望動機に説得力を持たせることで、面接官に自分の気持ちを上手く伝えることができます。このような伝える力は面接では重要なスキルとなるでしょう。

READ MORE
履歴書

面接をする機会は意外と多い

初めて面接をする時は高校生の受験であることが多いです。この時、面接を初めて経験するため誰もがすごく緊張します。人生でもう二度と面接を受けたくないと思う人も少なくありませんが、進学や就職の際も面接が付きものなので慣れておく必要があります。

READ MORE
婦人

印象をよくするために

面接をする上で重要な要素の1つとして印象があります。この印象は受験者の態度によって与える割合が大きいため、面接が行われる室内に入る時には、マナーを意識しましょう。

READ MORE

大学進学で親が重視すること

人としての成長

自分の子どもが人間的に良い成長をするかどうかを考えるのは親の性といえます。子どもが大学へ進学する時もいい環境で成長できるかどうか、重視していることが多いです。

学びを重視

子どもが学びたいという意志があれば、親は喜んで子どもが行きたいという大学へ行くことに賛成してくれるでしょう。子どもが主体性を持ち、自分の意志で進んでいく姿を見守り応援するのも親の役目です。
もしやりたいことや学びたい学問があるのであれば、それを親に話ましょう。そうすることで進学を反対されることもなく、むしろ応援されるはずです。

校風の良さ

学校の雰囲気が良いことも親は重視しています。綺麗な学校であることや伸び伸びと学べそうな雰囲気であることが重視されているのです。特に校風は学校の方針や今までの歴史によって構成されているので、志望校を決める際に重視されていることが多いでしょう。

実家から通える

親元から離れた大学へ行き一人暮らしをする人も多くいます。巣立ちをして喜ばしい反面、親としては実家に居て欲しいといのが本音です。また、子どもが初めてする一人暮らしを見守る親としては、体の心配やご飯を食べられているかなどの心配も絶えません。そのことから実家から通える学校を子どもに勧める親も少なくないのです。

大学への志望動機ベスト3

no.1

就職を見据えて進学

高校生が大学へ進学する理由には将来を見据えているという理由が多いです。自分が将来就きたい仕事をするということから逆算した時に、その道中にあるのが大学となります。
ですから、大学を見つける時は自分が就きたい職で面接をする際に有利になるであろう学校を選ぶ傾向がかなり強いのです。自分の将来性をを加味した上で志望動機を考えるという方法は良いアイディアといえます。

no.2

勉強したい学問

自分が今興味のある学問をもっと詳しく学びたい人や、それ以外で専門的な学問を学びたい人がかなり多いです。このようなタイプは自分で大学を調べ、行きたい場所を見つける傾向が強く探した時に一番学びたい学問を勉強できそうな学校を選ぶので、そのことを志望動機にまとめると良いでしょう。

no.3

世間的に評価の高い大学

世間的に評価の高い大学は良い大学と認知され、その大学に所属し卒業をするだけでも高く評価されます。良い大学を卒業することで、就職活動をする際も有利になります。その点を踏まえて志望動機を書くと良いでしょう。

[PR]

志望動機の例文を要チェック!
入試対策にピッタリ☆

小論文のテーマを学校ごとに紹介!
受験対策にピッタリ♪

塚口で評判の高い個別指導塾!
受験対策にピッタリ☆

[PR]

広告募集中